Amour!!

<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
好きだというだけで泪を流し
好きだというだけで笑みを浮かべ
好きだというだけで心が乱れる


所詮はただの自己満足に過ぎないのだと、僕は


(大事なのは自己愛)

‐‐‐‐
こんな考え方もあり
| 22:20 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
 
悲しいときは僕が泣くから

つらいときは僕が泣くから


だから君は笑っていて、と
僕は日々願い続けるのです。


(この祈りが、どうか君の支えになることを)



‐‐‐‐‐
RADの有神論より派生。
君があまりにも〜のとこです^^

でもやっぱ好きなのはチャットモンチーなんです、
というか勉強しなくてはですねさーせん^^^←

とりあえず先ずは偏差値を安定させることから頑張りますかな。
いやあ、期末テストが月曜です。延期されましたって奴です
このやろうー!

そんでちまちまと復活作業してます。
窓画作ってます、一日十分程度で←

復活したらきっとサイトは交流メイン(…)で再配布おk写真あたりやりたいなー
あ、このブログはどうしようかな。
いちおうファッションとか取り入れてみたいなーとか……←


なんにせよ勉強しろばーろてめ!な感じなので頑張って行きたいと思います。


では(^ω^)

| 14:43 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
本当は、ずっと隣にいたかった


今となっては叶わぬ願い
昔打ち明けていたなら、

僕の世界は変わっていたのかな


(人生とは、廻り続ける完成不可能の世界である)
| 00:17 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
ある天気のすごく良い日に
僕は人生に終止符を打った


どうしてかって?

ただ、暗闇に光る星が、
太陽に隠れている間にも光っているのか、

知りたかったんだ。


もし、もしもそうだとしたら、

僕も同じ様に輝けるのか、
輝いて、いるのか
僕はそれだけが知りたかった


(なんにせよ所詮は自ら命を無駄にした不幸少年だ)



‐‐‐‐‐
偶に病んでいるのが書きたくなるのです。春は毎日能天気\(^o^)/←それもどうなんだか
| 00:29 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
星降る夜に、

どうか、君に出会いたい


夢見がちな性格?
ううん、そんなんじゃなくって

ただ、あの空を

煌めく星を


僕らだけのモノだと勘違いしたいんだ


(例え赤い星が歌っていても、僕は破滅さえ呑み込むよ)
| 23:58 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>